診療内容

HOME > 診療内容 / 予防接種

予防接種

専用冷蔵庫予防接種の効果を最大限発揮するにはワクチンの温度管理がとても大切です。
当クリニックでは薬剤保存専用の冷蔵庫を備えています。

 

 

薬剤保存専用冷蔵庫→

 

予防接種時の一般的な注意

  • 接種直後は稀に強いアレルギー反応が出ることがあります。急な症状にもすぐ対処できるようにクリニック内あるいは駐車場等で20分から30分はお待ちいただけますようお願いします。
  • 同時接種に対応しています。不活化ワクチンの複数同時接種やロタウイルスワクチンなど生ワクチンとの同時接種、生ワクチンどうしの同時接種に対応します。
  • 卵アレルギーのある方:麻疹風疹、おたふくかぜ、インフルエンザ、(黄熱)ワクチンには卵成分の微量混入があります。しかし卵アレルギーであっても呼吸困難やぐったりする等の激しい症状(アナフィラキシー)がなければ接種できることが多いです。
  • 生ワクチンを接種すると、次のワクチン接種までは27日以上あける必要があります(4週目から可能)。不活化ワクチンを接種すると、次のワクチンまで6日以上あける必要があります(1週目以降は可)。ワクチン接種のスケジュールに関してはご相談ください。

予防接種のスケジュール

当日お持ちいただくもの

母子健康手帳、予診表(公費接種の場合には各市町村から配布されたもの。自費の接種は以下のリンクから説明文と予診票をダウンロードできます)、保険証、乳幼児医療証をご用意ください。
○インフルエンザ
○おたふくかぜ
○水痘
○B型肝炎
○ロタ

徳島県における公費での予防接種

母子健康手帳と各市町村の予防接種予診票が必要ですのでお忘れなく。

●ヒブワクチン

インフルエンザ桿菌による細菌性髄膜炎を予防できます。肺炎球菌ワクチン、4種混合ワクチン、B型肝炎やロタなどのワクチンと同時接種が可能です。生後2カ月から6か月に接種を始めるのが標準です。

●肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌のうち髄膜炎を起こしやすい13種類の血清型の肺炎球菌に対する不活化ワクチンです。肺炎球菌による細菌性髄膜炎は重症例が多く、予防接種が大切です。髄膜炎の他に菌血症や中耳炎等の一部にも予防効果があります。ヒブ、ロタワクチン、B型肝炎等との同時接種が可能です。生後2カ月から6か月に接種を始めるのが標準です。

●B型肝炎ワクチン

定期接種では1歳未満が対象ですが、1歳以上の方も任意(自費)で接種できます。日本では以前から母子感染予防に使用されて高い予防効果が確認されています(B型肝炎キャリアの母子感染の約95%を予防可能)。日本では大人を含めて毎年約2万人が新たにB型肝炎にかかると推定されています。また、遺伝子型Aという海外に多いタイプのB型肝炎が日本でも増えつつあり、このタイプは乳幼児だけでなく年長児や成人も慢性化しやすいので問題になっています。集団生活でのキャリアからの感染や、知らない間にキャリアになった家族から子供さんへの感染もあるので予防接種が必要です。

●四種混合ワクチン(DPT−IPV)

ジフテリア、百日咳、破傷風の細菌感染症とポリオウイルス感染症を予防するワクチンです。お母さんからの抗体がなくなる3カ月頃からの接種が良いので早めに接種しましょう。ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチン、ロタウイルスワクチン、BCGやB型肝炎などの同時接種も可能です。

●BCG

乳幼児の重症結核の予防に有効です。接種後の経過は接種後10日頃から18個の接種痕に一致して赤くなり、4週頃にはカサブタ、腫脹等をつくり3カ月程度で反応が弱くなり痕が残ります。ただし接種後10日以内の早い時期に赤く腫れあがり、接種部位が化膿して1週間以上続く場合は『コッホ現象』のことがありますのでご相談ください。

●麻疹風疹混合ワクチン(MR)

1歳以上2歳未満に1回、小学校入学前の1年の2回接種が標準です。

●水痘ワクチン

1歳以上3歳未満の年齢で2回接種します。接種間隔は3か月以上(標準として6か月以上12か月未満)です。
3歳以上の方も任意(自費)で接種できます。患者さんに接触したときの緊急接種の発症予防効果は、接触後72時間以内なら60〜80%です。

●日本脳炎

3歳に1期を1週から4週間隔で2回接種します。標準では4歳に追加接種、9歳に2期を接種します。
徳島県はブタの日本脳炎抗体保有率が80%以上と高く、予防接種が必要です。

●二種混合ワクチン

11歳から12歳に接種するジフテリアと破傷風の予防接種です。

●子宮頸がん予防ワクチン

女性に3回接種します。4価ワクチンは子宮頸がんの他に外陰癌、腟癌や尖圭コンジローマの予防にも有効です。

自費による任意接種(ここにない予防接種はご相談ください)

●ロタウイルスワクチン

ロタウイルスは乳幼児期に子供さんの多くがかかります。胃腸炎を起こす種々のウイルスの中でも重症になりやすく、日本でも脱水症等で毎年数万人が入院します。ワクチンは重症になるのを90%以上予防できます。接種は生後6週0日(生後1カ月半)からできますが生後2カ月から接種する他のワクチンとの同時接種がおすすめです(飲む生ワクチンのため接種すると4週間以上間隔をあけなければ別のワクチンを接種できません)。
初回接種は遅くとも生後14週6日までに始めるようかかりつけとスケジュールを相談しましょう。
接種は4週間の間隔をあけて1価のロタリックスは2回、5価のロタテックは3回接種です(予防効果は同程度です)。

●おたふくかぜワクチン

1歳以上が接種対象年齢です。諸外国ではおたふくかぜワクチンを定期接種で2回受けているので、流行は少ないです。しかし日本では約60万人が毎年おたふくかぜにかかります。おたふくかぜにかかると1000人に1人程度の難聴が起こります。思春期以降の男子がかかると1/4にこうがん炎(10%は両側)、思春期以降の女子では5%の卵巣炎の合併症があります。

●インフルエンザワクチン

12歳以下は成人と違い1回よりも2回接種の効果が良いとされています。2回接種の間隔は2週間から4週間ですが、4週間隔の効果が高いです。卵アレルギーがあっても激しいアレルギー症状の既往がなければ接種できることが多いです。

▲ページの先頭へ